メーカーのサポートを希望するなら購入がおすすめ

法人向けパソコンの導入方法には色々なものがありますが、継続してメーカーのサポートを受けたい場合には、法人向けの直販サイトを利用して新品の購入がおすすめです。メーカーによっては購入後数年以内の大半の故障や不具合などを無償で修理してくれるところもあり、ランニングコストの発生を最小限に抑えることが可能です。また、最新型の法人向けパソコンの中には、ビジネスの様々な場面で活用できるソフトがセットされているものも多く、業務の効率化の観点からも大きなメリットがあります。なお、メーカーのサポートの流れや対応可能なトラブルについて詳しく知りたい時には、法人向けの専用の相談窓口に問い合わせをしてから購入契約を結ぶことが肝心です。

レンタルは必要時だけパソコンを導入できる

法人向けパソコンのレンタルは、必要な時だけ最小限の台数を導入できるというメリットがあります。また、法人向けパソコンのレンタルを専門とする業者の中には、月単位で利用契約を結べるプランを用意しているところもあり、今や様々な業種の民間企業の間で普及しています。最近では、旧型から最新型まで多種多様なモデルを扱っている業者の数も増えており、予算に応じて希望の製品を導入することが可能です。また、レンタルの期間中のトラブルに対処をするうえで、点検やクリーニング、パーツ交換など至れり尽くせりのサービスを提供している業者にお世話になると良いでしょう。その他、レンタルの利用契約を結ぶ前に、おおよその導入コストについて複数の業者の見積りを取ることが重要となります。

BTOとは、Build To Orderの頭文字を撮ったもので、受注生産という意味になります。パソコンを自分好みにカスタマイズして注文するときなどによく使われる言葉です。

Related Posts