使わないものから片付けていこう

これまでに引越経験がない人が引越をするとなった場合には、どうやって片付けていけばよいのか、何から荷造りを始めればよいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。目に入ったものから片付けをしていたとしても、やっぱりこれはまだ使うものだったと、梱包した段ボール箱から出さなければならないというケースが出てくるかもしれません。このようなことを繰り返していると、引越間際なのになにも片付けが終わっていないということにもなりかねません。このようなことにならないためにも、絶対に使わないものから梱包していくことから始めましょう。衣類であればその季節とは真逆のものから、また季節に特化した電化製品もその時期に使っていなければ片付けることができます。食器なども特別な日にしか使わないようなものは、早い段階で梱包してしまいましょう。

段ボールは大きさで使い分けよう

引越を業者に依頼した場合には、段ボールやガムテープなどの梱包材をもらうことができるでしょう。この段ボールは多くの場合、サイズがいくつか存在しています。上手に片付けていくためには、このサイズに注意しながら片付けていくとよいでしょう。大きい段ボールはたくさん入るから、量の多い本や漫画などを詰め込みたいと思う人も多いかもしれませんが、これではいざ持ち上げようとしたときに持ち上がらず、梱包を解くはめになってしまいます。大切なことは大きいサイズには軽い物を入れて、小さいサイズには重い物を梱包するということです。これにより運ぶ時にはずっと楽になるでしょう。しかし小さいサイズとはいえ、重い物ばかりを入れては持ち上げられなくなってしまうので、時々持ち上げて確認しながら片付けていきましょう。

不用品の回収業者を使う際に気を付けておきたい事は、各都道府県や地方自治体が認可を与えている業者を使う事です。この業者は、適切なリサイクルや処分を実施しているので安心して使う事が出来ます。

Related Posts