自営業はどれぐらいのお金がかかるのか

これから事業を始めたい場合は、一体どれぐらいのお金がかかるのかを理解しておく必要があります。全く予想せずにスタートすれば、途中でお金が足りなくなってしまい苦しむ事になるでしょう。そこで、一般的にどれぐらいのお金が入るかと言えば、まず事務所を持つ場合はテナントの費用が必要になります。小さいテナントを借りるとしても、初期費用だけで100万円位はかかると考えた方が良いかもしれません。在庫を抱えるような場合には、在庫をあらかじめ購入しておく必要があります。例えば、アパレル関係ならば小さなところでも100万円以上はかかることになるでしょう。それ以外でも、登記するときの費用や内装の改造、設備で費用で300万円位はかかることになります。このように考えると、初期費用だけで最低でも500万円ぐらいは蓄えておいた方がよいといえます。

お金が十分にない場合の対策は

どれくらいのお金がかかるか分かったとしても、それだけのお金を所有していない場合にはどこかから借り入れをするしかありません。借入先は様々なところがありますが、一般的によく利用されているのは銀行になります。ただし、銀行の場合には十分な担保がなければお金を貸してくれません。そのため、担保がない場合には銀行以外からお金を借りるしかありません。考えられるのは、公庫になります。公庫は、担保等がなくてもお金を貸してくれるのが大きな特徴と言えるでしょう。ただ、公庫からお金を借りる場合には、事業計画書が必要になります。そのため、事前に事業計画書を書いておかなければなりません。その内容に関して面接があり明確に答えられることが重要になります。

フランチャイズ展開している業種は、コンビニエンスストアの他、ラーメン屋などの飲食業、学習塾などの教育産業、エステなどの美容産業など多岐に渡ります。

Related Posts