プライバシーを守るために気をつけるべきこと

プライバシー保護のために様々なことに気をつけていても、ついうっかりと個人情報を流出させてしまうことがあります。どんなに気をつけていても流出してしまう意外な落とし穴はSNSを利用しているときに起こるかもしれません。それは写真の投稿によって引き起こされます。多くの人がSNSを利用している現在、誰でも自分の情報を写真付きでネット上に投稿することができます。実はこの写真には、見た目にはわからない様々な情報が同時に記録されています。特に重要な情報は位置情報です。多くの人がスマートフォンで写真を撮影し、その写真をSNSに投稿していますが、投稿された写真には「いつどこで撮影した写真か」という情報も同時に記録されています。

位置情報を掲載しない方法

何の対策もなしに撮影した写真をSNSにアップしてしまうと、位置情報を簡単に解析することが可能です。SNSに投稿する際は、写真に位置情報などの個人情報を掲載しないよう、撮影する前に設定を確認しておくことをオススメします。設定の仕方はとても簡単です。写真アプリを使用するときに、位置情報を載せないように設定するだけです。SNSを確認していくと個人の行動パターンが予測されてしまう危険性がありますので、撮影した写真の投稿には十分気をつける必要があります。位置情報だけではなく、写り込んでしまった背景から自宅を特定されてしまうといった場合もあります。手軽に利用できるSNSだからこそ、個人情報の取り扱いには十分に注意することが大切です。

機密文書」とは、国家や軍、企業などの秘密が書かれた文書です。その秘密レベルは様々で、社内規約など内部には公開されているものから、組織内でもごく一部の人しか閲覧できないような文書まであります。

Related Posts